住宅ローン利用方法2

各金融機関では、多様な利用者のニーズに対応して、新しい住宅ローンを開発しています。これにより利用者は、自分たちの生活スタイルや働き方などに合わせて、住宅ローンを選べるようになっています。

急速に進行する少子高齢化を反映して、女性やDINKSを対象にしたローンが登場しています。たとえば共働き夫婦を対象にしたものでは、給与振り込みやクレジットカードの申し込みをすると、金利が年0.9%優遇されます。さらに子供の数に応じて0.1%ずつ金利を引き下げていく特典付きです。

パート勤務では借入条件が不利になるケースがありますが、配偶者や同居家族がパート勤務でも、その収入を申込者の収入に100%合算して、借入額の上限を引き上げることができるローンも登場しています。
また、派遣や契約社員でも一定の条件を満たしていれば、正社員とほぼ同等の条件で申し込みができるローンもあります。

最近注目を集めているものに、3大疾病保障付き住宅ローンがあります。これはガン、脳卒中、急性心筋便塞のいずれかと診断されると、ローンの全額が返済免除されるというもの。

ただし、通常型の店頭金利0.3%上乗せされます(ガン保障のみの場合は0.2%)。
金融機関のホームページなどをこまめにチェックして、自分たちの条件に合った住宅ローンを見つけ出し、活用するようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65134316

この記事へのトラックバック
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。